にゃもぶろ

道産子アラフォー主婦による「ぷち得」情報をお届けする雑記ブログ

MENU
【アテニア】スキンクリアクレンズオイルをレビュー!【肌の糖化】
【VEJRHØJ-ヴェアホイ】おしゃれな北欧デザインの腕時計
【潤静-うるしず】親子で使える敏感肌用美容液をレビューします!
【セリアほか】6リングバインダー3種を比較!100均で話題の商品!

VTuberになるには何が必要?いくらかかる?おばさんは軽率にバ美肉してみたい

VTuberになるには何が必要?いくらかかる?おばさんは軽率にバ美肉してみたい

VTuber」をご存知ですか?

 

ある程度、ネットを見たりYouTubeを見ている方ならご存知の方も多いハズ。

「Virtual YouTuber」の略で、2Dもしくは3DのCGで作られたキャラクターのYouTuberのことです。

 

VTuberは企業だったり技術がある人しかなれないと思っている人もいますが(以前の私もそのひとり)

スマホやPCとネット環境があれば、案外簡単に始められるんです。

 

VTuberになってみたいかも…妄想するだけなら可能性無限大、にゃもでございます。

 

今回は知識も技術もない平凡なおばさんがVTuberになるには…と妄想したときに、何が必要?費用はいくらかかるの?などなどまとめてご紹介します。

 

 

 

  

時はまさにVTuber戦国時代

VTuberで一番有名なのはキズナアイちゃんですね、TV番組やCMにも出演されています。

 

今では個人でも意外と簡単にVTuberデビューできることから、1万人以上いると言われているそうで、その数は日々増えています。

まさにVTuber戦国時代!です。

 

私もいわゆる「推し」の方がVTuberデビューしたことから興味を持ちはじめました。

そして、ふと思いました。

 

「なんの知識も技術もないおばさんがバ美肉するには何が必要なんだろう?」

 

バ美肉とは「バーチャル美少女受肉」の略で、かわいい女の子のアバターで、バーチャル空間でVTuberなどとして活動することを言います。

 

ウィキペディアに項目がありました。流石、ウィキペディア

 

 

機材やソフトは何が必要?

スマホ アイキャッチ

究極でいうとスマホ1台でバ美肉は可能です。

ある程度の機材がないとできないと思っていたのですが、本当にスマホって何でもできちゃうなぁ。

 

スマホでお手軽VTuber 

アバターを使ってライブ配信をするアプリが数多く出ています。

かなりの数をまとめているブログがありましたので、リンクをのせておきますね。

 

 

PCでちょっと本格的に始める 

スマホアプリとなるとお手軽に始められるかわりに、動きやキャラに制限があります。

なのでちょっと本格的にやろうと思うとやっぱりPC。

 

高性能なカメラは意外に必要なくて、ウェブカメラつきのノートパソコンで始めらます。

 

PC自体の性能ですが、ゲーム配信などライブ配信で色々したい!

ゲームも動かして配信して、アバターも動かして…となるとある程度のスペックはやっぱり必要ですよね。

 

HPのサイトにちょうどゲーム配信もされているVtuberさんとのコラボページがありました。

 

 

マイクも音質にこだわらなければ安価なもので大丈夫。

ZoomなどのWEB会議に使うようなイヤホンマイクで配信されている方もいるようです。

 

そして肝心のアバターを動かすために数多くのVtuberさんが使っている

顔認識ソフト「FaceRig」、イラストを動かす「Live2DModule」。

 

ゲームなどのソフト配信サイトSteam

FaceRig」は1480円、「Live2DModule」は398円で配信されています。

 

いざキャラクター作成!自分で作る?外注する?

アプリやツールで既存の素材からキャラ作りができますが、夢はやっぱりオリジナルキャラクターですよね。

 

となると、自分でキャラクター作成するか外注するかの2択になります。

 

自分でキャラクターを作成する

外注せずに自分で作るとなると「お金かけずに手間かけて」になります。

前提としてお絵かきソフトが必要になりますし、作成する知識と技術もある程度必要です。

 

PSD形式(拡張子「.psd」)で保存できるお絵かきソフトがまず必要。

 

なければCLIP STUDIO PAINT PRO (通称クリスタ)などのお絵かきソフトが必要です。

 

価格も5,000円ですし、クリスタを使って漫画作成や動画のイラストを作成している方も数多くいます。

使い方がわからなくてもYouTubeにたくさん動画講座もあるので大丈夫。

 

基本、MacWindowsの買い切りですが、月額プランだと、ipadなどのデバイスでも使用可能です。

 

 

そして2Dモデルの制作の流れや作成したものをfacerigに取り込むまでの過程を紹介している講座がYouTubeで公開されています。

再生リストのリンクをのせておきます。

 

 

取り込む際に「Live2D Cubism」というソフトが必要になりますが、基本無料。

高度なことをやりたいとなると有料になりますが、今回は無料を選択したことにして考えていきます。

 

外注してクオリティの高いキャラクターを求める

そもそもお絵かきできないし!となると「手間をかけずにお金をかける」必要があります。

外注サービスを利用してモデル作成をお願いすることになります。

 

ブロガーさんならアイコンやヘッダ作成でおなじみのココナラ

VTuber」で検索するとVTuberになるためのモデル作成してくださるクリエイターさんが数多くいます。

 

価格はピンキリなのですが、見たところ15,000~30,000円が平均的な金額です。

中には実際の導入までの手ほどきをしてくれる優良クリエイターさんもいるようです。

 

プロモーション画面をよく確認して、自分に合うクリエイターさんと出会えればいいですね。

 

ココナラ は実際の購入者のレビューもあるので、お財布とクリエイターさんの評価と相談して決められるので安心です。

 

 

技術のある方なら自分がクリエイター側にまわることもできます。

中にはブログなどの記事作成をされているクリエイターさんもいます。

 

意外に自分がクリエイターにまわれるジャンルが見つかるかも。

一度、サイトを覗いてみると面白いです。

 

まとめ:軽率にバ美肉するには?

スマホ版は制限も色々あり、アプリで完結してしまうのでとりあえず置いておいて。

 

PCでバ美肉してVTuberを始めるにはウェブカメラ搭載のノートパソコン。

デスクトップなら別途ウェブカメラが必要です。

マイクはとりあえずクオリティ度外視でお金を極力かけないならイヤホンマイク。

 

キャラクター作成するのに必要な費用は

自作するならお絵かきソフト「CLIP STUDIO PAINT PRO 」。価格は5,000円。

外注するなら「ココナラ 」。平均的な価格は15,000~30,000円。

 

他にはキャラクターを動かすためのソフトとして

FaceRigが1480円で、Live2DModuleは398円。

 

まったく何も知らない状態のイメージだと何十万もかかりそうな気がしていたのですが予想外に安価で始められちゃうんですね。

 

日に日にVTuberさんが増えていくのもうなづけます。

 

おわりに:あれこれやってみたい!夢はふくらみます

今回は「VTuberになるには何が必要?いくらかかる?」についてざっくりまとめてみました。

 

VTuberになってみたい!」というおばさんの妄想におつきあいいただいてありがとうございました。 

自分が動いたら画面のかわいい女の子が同じように動くって夢がありますよね。

 

バ美肉したら顔出しせずにブログ以外でもあれこれできそう!」

と安直に妄想して調べたのが発端でございました。

 

「軽率に」とタイトルにしましたが、準備に時間もお金もかかるし、なかなか軽率には始められない世界でした。

 

ですが、やる気と根気とある程度の資金があれば始められる「VTuber」。

 

我こそは!と思われる方がいらっしゃったら始めてみてはいかがでしょうか?

人気VTuberになるのも夢ではないかもしれません。