にゃもぶろ

道産子アラフォー主婦による「ぷち得」情報をお届けするブログ

MENU

【なろう系小説】異世界モノ作品の男女差になんだかなーした話

【なろう系小説】異世界モノ作品の男女差になんだかなーした話

活字が好きで、実用書や小説など興味出たものはよく読んでいます。

 

今回は小説、ラノベライトノベル)のなかでも「なろう系」と言われるジャンルについて好きに書いていきます。

  

あまりサブカル系をブログ記事に書いていないですが私は根っからのオタクです、にゃもでございます。

 

ネットを見ていた主人が「お試しを読んでみたら面白かった」といって購入してきた本がありまして。

 

借りて読んで面白かったのですが、ふと思うことがありましたので、つらつら書いていこうと思います。

 

 

\無料マンガ・試し読み作品多数!ebookjapan/  

「なろう系」って何?

「なろう系」とはおおまかに、現代日本ではない異世界パラレルワールドなど)で主人公が活躍する作品を指します。

 

 

WEB小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のジャンルです。

小説家になろう」は誰でも小説が投稿できて、無料で読むことができます。

 

「なろう系」は厳密に言うと「小説家になろう」に投稿された作品を指すのですが、同様のジャンルで別のWEB小説サイトに投稿された作品もあります。

なのでひっくるめて「異世界モノ」とか「異世界転生(転移)モノ」などと呼ばれたりする場合もあります。

 

人気の作品はWEB小説から書籍化→コミカライズ→アニメ化されていたり

その作品数も多くあります。

 

私がよく行く本屋さんには「異世界モノ作品コーナー」があったりして人気のジャンルなんだなとしみじみ感じています。

 

開拓やものづくりをする作品が好きです

なろう系小説の中でも、現代日本の知識や能力を生かして不毛の地を開拓したり、異世界ならではの素材や魔法を生かして商品を生み出す「ものづくり」をする作品が好きで読んだりします。

 

主人が最近WEB広告で見て「お試しで見たら面白かった」という作品がありました。

主人は小説は読まない派なのでコミックスですが、小説が原作の作品です。

異世界のんびり農家」です。

 

 \試し読みできます/

主人公が神様の手違いで死んでしまい、おわびに異世界に転生して不毛の地を開拓する作品です。

 

本当に何もない土地を一人で開拓して試行錯誤して、それがどんどん発展していく様子が面白いです。

ゲームのシムシティとか牧場物語とか好きな方には共感していただけるのではないでしょうか。

 

主人が「スマホで読んだら目が疲れる」と紙本を一気買いしてました。 

私も読ませて貰ったのですが、開拓系の話が好きなのでスイスイ読み進められました。

 

男性向け(青年向け)でよく見る傾向

私もなろう系作品をたくさん読んだわけではないのですが、男性向けに書かれた作品で多いのが「ハーレム」です。

 

私が読んだ作品、だいたい後半でハーレムが形成されてます。

 

主人公が開拓した土地や主人公の能力に惹かれて女の子が、わんさと集まってきます。

そのほとんどが嫁になって、夜に主人公が嫁達をどうさばくかで悩むわけですよ。

 

主人公が葛藤もあまりなく次々に嫁にしていくのがまた…なんとも…ねぇ?

女心としてはちょっとな、と思うところです。

 

開拓や冒険が見たいのに途中から嫁さばきの話になっちゃって投げ出した作品がいくつかありました。

 

女性向けでよくみる傾向

女性主人公で女性に向けた作品もいくつか読んでいます。

異世界転生(転移)して、能力を貰ったり自分の知識を生かす物語のスタートは大体一緒ですね。

 

貴族のご令嬢だったり平民の娘だったりしますが、主人公は自立した女性が多く、商売を始めたりポジティブな思考の持ち主で応援したくなります。

 

最近読んだ作品は「魔導具師ダリヤはうつむかない」です。

小説版を読んでいますが、コミカライズもされています。

 

いきなり婚約破棄された魔導具師ダリヤが一念発起して商会を立ち上げ、前世の知識を生かしてものづくりをしていきます。

 

たっぷり「ものづくり」していて読むのが楽しいです。

恋愛要素もありますが、ほどほどといった感じです。

 

\試し読みできます/

 

女性向けでは女性に対して男性がわんさと集まる「逆ハーレム」はあまり見ない気がします。

 

イケメンのお相手は出てきますけど主人公ひとすじとか、むしろ溺愛とか。

お相手に愛されすぎて夜も眠れない、っていうのがあったりして。

 

 あぁ、夜も眠れないのは男性向けも女性向けも同じですね。

 

男女の理想の違いなのかなぁ

私は女性なので読んでて楽しいのはやっぱり女性向けかなぁ。

ぶっちゃけイケメンに溺愛されるって、いいじゃないですか。

 

男性向けではなろう系に限らず、マンガ作品でも女の子に囲まれて主人公が困っちゃう!という作品はたくさんありますよね。

男性にとってはハーレムって夢があるシチュエーションなのかな。

 

ハーレムダメ!面白くない!というわけではないです。

可愛い女の子がたくさん出てくるのは好きです。

 

ただねぇ、開拓とかが読みたくて読み始めたんだし、せっかくだから異世界の開拓・冒険を見たいんですよ。

途中に恋愛要素があっても、それはバッチコイ!なんですけど

 

「夜の当番の割り振りどうしよう」

「また嫁増えたけど、どうしよう」

 

は、ほどほどにしてほしいかなぁ。

 

ちなみに、前述の「異世界のんびり農家」はハーレムしてますが、ちゃんと開拓もしてます(笑)

 

おわりに:なろう系はそろそろお腹いっぱい?

 今回、この記事を書くにあたっていろいろ検索してみると

 

「なろう系嫌い」「なろう系もういい」

 

と思われている方もいらっしゃるようで。

一大ジャンルになっているので、お腹いっぱいなんでしょうね。

 

超個人的な意見としては「ハーレムはお腹いっぱい」です。

 

繰り返しますが、たくさんのなろう系作品を読んでいるわけではないので全然詳しくはないです。

私が出会った作品がたまたまだった、だけかもしれないです。

 

色々言っておりますが「なろう系」「異世界モノ」面白いですよ。

ちょっとつまんだ程度なので私が知らない作品がまだまだたくさんあります。

 

ゴリゴリの開拓や、ものづくり作品でハーレムがない、もしくはあってもほどほどのオススメの作品をご存知の方がいましたらぜひ教えて下さい。