にゃもぶろ

道産子アラフォー主婦による「ぷち得」情報をお届けする雑記ブログ

MENU
【アテニア】スキンクリアクレンズオイルをレビュー!【肌の糖化】
【VEJRHØJ-ヴェアホイ】おしゃれな北欧デザインの腕時計
【潤静-うるしず】親子で使える敏感肌用美容液をレビューします!
【オルビスユードット】エイジングケア×美白!トライアルセットをレビュー

【婚活】結婚条件5ヶ条!?相手に求める?既婚者だけど考えた

結婚条件 アイキャッチ


最近、Twitterでちらほら「結婚条件」などのワードを見かけることがありました。

ああ、6月(ジューンブライド)だからかな?なんて思いながら見てました。

Twitterのお遊びツール「診断メーカー」でもあるみたいですね。

 

既婚なので私は今さら条件も何もないよね、にゃもでございます。

 

たまに書くならこんな記事。

今回は6月も終盤ですがジューンブライドということで「結婚相手に求める条件」について気ままに書いていこうと思います。

 

 

 

Twitterでアンケートしてみました

以前から使ってみたいな、と思っていたTwitterのアンケート機能を使ってみました。

 

 

誰もアンケート答えてくれなかったらどうしよう!とビクビクしていたのですが、幸いにも答えてくださる方がいらっしゃいました!

 

アンケートにご協力いただいた方、ありがとうございました。

 

アンケート結果に関してですが、既婚者と独身の方と分けて回答項目を設けたのですが「結婚条件はなかった・決めていない」が多数派になりました。

 

おぉ、ちょっと意外。

条件を決めている方がもう少しいるかなぁと思ったのですが、アンケート上では結婚条件を決めているという方は少数派という結果になりました。

 

結婚条件といえば佃煮のりお先生の「結婚条件5ヶ条」

ヲタクっぽい話になってしまうのですが、最近ひょんなことからVtuberさんに興味がわきまして。

好きなYouTuberさんがVtuberに参入したんですが。まぁ、それは置いといて。

 

犬山たまきくんというVtuberさんがいます。

 

www.youtube.com

 

その生みの親である漫画家の佃煮のりお先生(女性)が結婚相手に求める条件5ヶ条を掲げています。

  1. 顔が三〇春馬
  2. 身長が180センチ以上
  3. 年収が佃煮のりお以上
  4. 年齢プラス5歳まで
  5. ママになってくれる人

初めて聞いた時は「Oh…」という言葉しか出ませんでした。

 

最初の条件2つはビジュアル面に関して、かなりシビアですね。

そして、佃煮のりお先生は作品がアニメ化してますし、年収はかなりのものかと。

 

年齢は女性なら、ある程度は決めておきたい方も多いでしょうね。

 

ちなみに5番目の「ママになってくれる人」というのは、ざっくり言うと母のような優しさで包み込んでくれる包容力のある男性ということみたいです。

 

私の個人的な感想はぶっちゃけ

 

「ハードルたけぇ!!」

 

この一言につきます。

(お口悪い上に思わず文字大きくしちゃった、普段あまりしないのに)

 

先生は本気のようで、対談などの配信で何回も言われていますが、もはや鉄板ネタみたいになっていますね。

 

既婚である私の結婚条件

ここまでの話を書いておいて、筆者はどうだったのさ?

というわけで、私の結婚条件のお話でございます。

 

なかったんですよね。

 

高校のときからお付き合いしていた主人とゆくゆくは結婚したいなと思っていたので、強いて言えば条件は「主人」でしょうか。 

 

 お、なんだか自分で書いてて恥ずかしいぞ。

この話題は早々に切り上げましょう。

 

結婚条件設けるのってアリ?ナシ?

結婚条件を設けるのは個人的にはアリ

個人的な意見として結婚条件は設けておいても全然アリだと思っています。

どういう方と添い遂げたいと思うかを具体的に決めておくのはいいと思うんですよね。

結婚相談所だって相手のタイプを条件づけるわけですし。

 

ただ、条件にガチガチに縛られるといいご縁のチャンスは巡ってきづらそう。

ある程度は柔軟に多少違ってもいっか!という心構えは必要かも。

 

ガチガチの条件の相手をゲットした猛者 

独身の頃に結婚相手ではないですが恋人にガチガチの条件をつけていた人がいました。

なんか項目がいっぱいあって詳しい条件すべては忘れちゃいましたけど「好き嫌いがない」「価値観が合う」とかかなり細かった記憶があります。

 

「そんなに条件あるの?中々そんな人いないよね、少しは妥協しないと」

「え、今まで付き合った人みんな条件満たしてるよ」

 

つよい。 

 

 「…そっか。」しか返事できませんでしたが、条件をたくさん設けてもお相手が見つかる場合があるのか、と感心したものです。

  

結婚後のことを決めておくのも大事かも

月並みな言葉ですが、結婚はゴールではなくてスタートです。

決めた条件のお相手と結婚できたとしても結婚生活が続かなかったら意味ないですよね。

 

結婚したお相手と「どういう風に結婚生活を送りたいか」というのを思い描いておくのも大事ではないでしょうか。

「結婚」は一瞬ですけど、その後の「結婚生活」は長いですもんね。

 

これは三十路手前に結婚にちょっと焦っていた自分に教えてあげたい考えです。

「結婚後のことも少し考えようね」って。

「結婚する」という事に重きを置きすぎてその後のことなーんにも考えてなかったので。

 

結婚後に妊娠を機に仕事を退職して色々あって、それが行き当たりばったりでバタバタしました。

今思うと、もうちょっと計画とまでいかなくても、その後の事を大まかにでも考えておけばよかったと後悔しています。

 

おわりに:異論は全然認めます

佃煮のりお先生はご本人の写真など公開されてますが、大変美人な方なんですよね。

トークなど聞いてると魅力的な方でもあるので、 いいご縁があることをお祈りいたします。

Twitterや配信で「条件に合う方と結婚することになりました!」なんて聞いたら「わー!」と喜んじゃいます。喜ぶ準備はできてます。

 

いい歳になるとね、甘酸っぱい恋とか幸せな結婚とかほっこりするんもんです。

 

今回はTwitterで目に入った「結婚条件」というキーワードに関して思ったことをつらつらと書いてみました。 

 

あなたは「結婚条件」ありますか?

あるとしたらどんなのでしょうか?

 

 

 

\ 思わず笑っちゃった婚活マンガ / 

 

 \ こんな記事もあります /

nyamo3sun.hatenablog.com