にゃもぶろ

道産子アラフォー主婦による「ぷち得」情報をお届けする雑記ブログ

MENU
【アテニア】スキンクリアクレンズオイルをレビュー!【肌の糖化】
【VEJRHØJ-ヴェアホイ】おしゃれな北欧デザインの腕時計
【潤静-うるしず】親子で使える敏感肌用美容液をレビューします!
【オルビスユードット】エイジングケア×美白!トライアルセットをレビュー

【バスタオル】洗濯めんどい私と包まれたい家族!大は小をかねる?

f:id:nyamo-sun:20200405171652j:plain


ミニマリストを目指す私にとって「減らしたい、小さくしたい」

は永遠のテーマです。

ただし、かならずぶちあたるのが「家族との好みの問題」

 

ミニマリストを目指す「タオル収納スペースを減らしたい、お洗濯楽にしたい」私と

「大きいことはいいことだ!大判バスタオルに包まれたい!」家族の

バスタオル戦争(大きく出たな…)のお話です。

 

 

バスタオルを手放すミニマリストさんは多い

そもそもというものは場所を取ります。

お洋服やお布団などを思い浮かべるとわかりやすいですが

保管場所はかなりのスペースが必要です。

ミニマリストを目指すにはまずお洋服から見直すというのは基本ですし

中にはお布団やベッドを手放して寝袋で生活されているミニマリストの方もいらっしゃいます。

 

バスタオルも見直し項目に入れる方も多く

バスタオルではなくフェイスタオルを使ったり、

男性ミニマリストの中には手ぬぐいで済ませる方もいらっしゃいます。

 

大判バスタオルのメリット・デメリット

メリット

  • 大きいのでたくさん濡れていても楽にふける
  • 包まれている感触が心地良い(家族談)

 デメリット

  • 収納場所がかさばる
  • 洗濯に時間と水がより多く必要
  • 干す場所の確保が必要

まとめると、大判バスタオルは家族にはメリットが、

私にはデメリットがあることが今書いていてわかりました…

 

お洗濯を楽にしたいから大判バスタオルはやめたい

私は髪が長いのでさすがにフェイスタオルは無理ですが、

お洗濯のことを考えるとバスタオルでも小さめがいいんです。

しかし、家族は大判バスタオル大好き。

幼稚園の下の子は小さいのでも十分なのに大判バスタオルを好みます。

 

一度バスタオル入れ替えの時期に半分を大判バスタオルから普通サイズのバスタオルに入れ替えたのですが、私以外の家族3人で大判バスタオルの取り合いになりました。

 

デメリットであげたとおり、私には不便なことばかりが多いので大判バスタオル問題はどうにかしたいところです。

 

我が家のバスタオルはどうなったか 

結果、「私は小さいバスタオル、家族は大判バスタオル」にすることにしました。

私の「家のバスタオルをすべて小さくしよう計画」はハンパに終わってしまいました。

 収納スペースは多少スッキリできたものの、まだまだ改良の余地ありです。

 

ミニマリズムに限らず家族の間の好みによる問題はたくさんありますね。

これから主婦として家族ができるだけ快適に、

かつ私が楽できるように工夫していきます。

 (理由としては後者が占める割合が大きいかも)

 

 

「ビックフェイルタオル」という商品もあります。

これはぜひ、次回の入れ替えの候補にします。