にゃもぶろ

道産子アラフォー主婦による「ぷち得」情報をお届けする雑記ブログ

MENU
【ビーグレン】40代エイジングケア!トライアルセットを口コミレビュー
【VEJRHØJ-ヴェアホイ】おしゃれな北欧デザインの腕時計
【潤静-うるしず】親子で使える敏感肌用美容液をレビューします!
自宅で簡単ホワイトニング!「コナナノカ」を口コミレビュー

【三日坊主】面倒くさがりでも続けられる手帳の使い方

f:id:nyamo-sun:20200308192522j:plain

手帳を使いこなしている人って憧れますよね。

定期的に手帳を紹介する雑誌が発売されますし、バレッドジャーナルが普及してからは

YouTubeでも書き方やコラージュの仕方を紹介する動画をよく見かけます。

すごい素敵。すごい憧れる。

 

ただ面倒くさがりの私は続かなーい!

 

学生の頃のシステム手帳、ほぼ日手帳にあな吉手帳。

コラージュや何やらとにかく色々やってみましたが挫折。

そもそも毎日コツコツが苦手なのでダメだこりゃ。

 

とは言っても子供が生まれてからは検診や予防接種、

幼稚園に入ってからは行事ごとなど予定管理に何かと手帳は必要なので

また色々と手を出してみたり。

そんな試行錯誤を繰り返して行き着いた私の手帳の書き方をご紹介します。

 

 

 

始めやすく続けやすいマンスリーがオススメ

ほぼ日手帳に憧れて1日1ページ、毎日日記書いちゃうぞ!

 

ちょうど子供が生まれた年に始めたので最初のうちは日記も書いていたのですが、日記に時間をそうそうとってもいられないので後半はほぼ育児記録のみ。

(ミルクの時間や回数、お昼寝やおむつの回数等)

 

思い描いていたのと違ったのでほぼ日手帳は1年で終了してしまいました。

週間なども試してみたのですが中々うまくいかず。

そして最終的に行き着いたのがKOKUYOのキャンパスダイアリーのマンスリーでした。

  

 

月間のブロックで日付入りなので準備などはいりません。書き込むだけ。

面倒くさがりの私にぴったりです。 

A5サイズが個人的にちょうどいい大きさで後半にはフリーページもあります。

 

このフリーページが程よい量で全体の厚みも厚くなくて私にはぴったりでした。

紙質はキャンパスノートなのでなじみのある書き心地です。

ノートカバーにキャンパスダイアリーをつけて使用しています。

 

 

同じくKOKUYOから発売されているノートカバー、システミックです。

しっかりしていてい、ポケットもあって使いやすいです。

 

手帳にはあとで見返して便利なことを書いています

コラージュをしているわけでも日記をつけているわけでもないです。

書いている内容は

 

その日の献立

全て書いているのではなくメインのおかずとサブのおかず程度。

「あーカレーこの間作ったばかりだからやめておこう」

「そういえば先月以来麻婆豆腐してない、今夜しよう」

と夕飯の献立にめちゃくちゃ悩む私の助けになってくれます。

 

歯医者など病院の予定

子どもたちが定期的に通っているので必須です。

まれに「あ!明日予約してた!あぶないあぶない」をするうっかり屋です。

 

幼稚園や学校の行事予定

お弁当を用意しなければならなかったり、給食がなくて早く帰ってきたり。

他に大事なことや持ち物リストなど書ききれない場合はふせんに書いて貼ります。

 

体重と体脂肪率

毎日は書きません。思い出したら。

絶叫マシンよりも乗るのが怖い乗り物、それが体重計。

 

毎月のレディースデー

身内に婦人科系の病気で手術した方がいるので万が一の事を考えて若い頃からつけていました。

妊娠したときは産婦人科で直近のレディースデーを聞かれたりしたのでつけておいた方がいいな、と個人的には考えています。

 

こんな感じで書き込んでいます

(予定はフェイクです)

シールのおかげでそれとなくにぎやかです、ありがとうシール。

 

f:id:nyamo-sun:20200217102103j:plain

私、子供の予定はそれぞれ色わけしています。

毎月ちょっとした目標を決めてその日できたらシールをはります。

 

巻頭の年間スケジュールには

月イチ以上の間隔でする家事をいつしたか

(浴室のカビくん煙剤、換気扇のフィルター交換、洗濯槽そうじ等)

 

後半のフリーページには

子供が熱を出した時に熱をはかった時間とその温度(病院で聞かれる)

子供がたまにくれるお手紙やイラストを貼ったりしています。

 

まとめ:自分に必要な範囲で時々アップデートしてます

こうやって書き出してみると案外色々書いていました。

スマホでの予定管理も試してみましたが、

私は紙でパッと開いて1ヶ月が見渡せるマンスリーの手帳管理の方が向いていました。

 

日記も書いていないし、コラージュなどもしていないし

毎日手帳にかけている時間は5~10分程度です。

 

ちなみに家族で共有する予定などは

リビングにあるカレンダーに書き込む事になっています。

主人が機械音痴なのでアプリ共有などができないのでこの方法をとっていますが

目につく所にあるのでわかりやすいです。

スマホアプリだと開いて確認しなければならないので私もこの方法が何かと便利です。

 

雑誌などに載っているようなおしゃれな使い方はできないけれど、

私なりに実用的に手帳は使えていると思います。

また気が変わったり急に思い立ってコロコロ変わるかもしれませんが、

当面はこの方法で続けていきたいと思います。

 

 ↓たまに真似っ子して描きます。可愛いので眺めているだけでも楽しい。